第四節 按摩保健・予防法

第四節 按摩保健・予防法

按摩とはマッサージともいう。按摩は血液循環の改善、胃脹蠕動の促進、痛みの緩和などに効果がある。

1、腹部の按摩
手掌を臍に置いて時計の順で内から外へマッサージする。その後外から内へ戻す。一般的に軽く按摩し、徐々に力を入れる。時間は一回に20−30分程度で一日に一回である。便秘の治療や予防に対して右下腹部から右上腹部へ、右上腹部から左上腹部へ、左上腹部から右下腹部への順でする。

2、腰部の按摩
まず両手を按摩して、両手が熱くなってから腰部の両側に上から下へ按摩する。





サイト名: 藤好クリニック「実用中医大腸肛門学」   https://fujiyoshi-clinic.jp/chuui
この記事のURL:   https://fujiyoshi-clinic.jp/chuui/modules/tinyd3/index.php?id=5