過敏性腸症候群(IBS)の新しい治療

IBS最新治療 今までとは全く異なる治療法ですが、ヨーロッパで試みられて、よい結果が出ています。 IBSの患者さんの腸内では細菌のグループに乱れが起こっていることは、この10年はっきり分かって来ましたが、それをどうやって元に戻すか今一つ決め手が無かったのが現状で す。
痛み、下痢、ガス等に対処的に薬を使う事はあっても根本から治療することは出来ませんでした。
そんな中で超高速DNA判定器の出現以来、虫垂が身の中ではたしている役割がほぼ解明され、それと共に新しいIBSの治療が進められました。
即、虫垂の内部にはバイオフィルムと言われる1600種にも及ぶ腸内細菌のそれぞれの為の部屋があり、この中に原種の細菌が存在していることが分かったのです。
この為、大腸内の細菌の乱れを一度完全に専用の抗生剤で排除してやると、バイオフィルムからその人本来の細菌が出て来て菌の乱れを治すという方法です。
約5年間にわたってテストが繰り返され、バンコマイシンとリフキシマという薬が有効と判断され欧米では治療が始まっています。
日常生活にIBSの為、支障があるような方の場合、試してみられるとよいと思います。
特に、リフキシマは1日400円と安く殆ど副作用は報告されていません。
種々の問い合わせはメールで可能ですのでいつでも連絡ください。
≫メールで問い合わせる

新着情報

■受付時間■

月曜日~金曜

午前 9:00~12:00
午後 1:30~ 2:30

土曜日

午前 9:00~12:00
※日曜・祭日休診

インフォメーション

痔でお悩みの方はこちらから

痔の疾患と治療について

痔でお悩みの方はこちらをご覧ください。

≫詳しくみる

痔の日帰り手術

痔の日帰り手術や短期入院での治療をおこなっています。

≫詳しくみる

痔ってなに?

痔核・裂肛(切れ痔)・痔瘻(痔ろう)症状によって治療方法が違います。

≫詳しくみる

ジオン注

切らずに治す痔核の治療、ジオン注射(ALTA療法)をおこなっています。

≫詳しくみる

おなかのことでお悩みの方はこちらから

大腸の疾患と治療について

腸は免疫の司令塔といわれています。大腸疾患に関する治療をご紹介しています。

≫詳しくみる

潰瘍性大腸炎(UC)

ストレス世代に増え続ける潰瘍性大腸炎。お悩みの方はこちらをご覧ください。

≫詳しくみる

過敏性腸症候群(IBS)

ストレスに腸が過敏に反応して便通異常が起こり生活の質を低下させてしまうケースが多い疾患です

≫詳しくみる

実用中医大腸肛門学

特に中医学の知識がなくても大腸肛門病の日常診療の補助として役立つ大腸肛門病の中医学の実用専門サイト。

≫詳しくみる

ページトップにもどる

Copyright (C) 2012 FUJIYOSHI CLINIC All .Rights Reserved.